饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(87)

ブリュッセルで繰り広げられた米欧和解のディナー

西川恵
執筆者:西川恵 2005年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ 北米

 ブッシュ米大統領は再選後はじめての外遊に欧州を選び、二月二十一日から二十四日まで三カ国を歴訪した。最初の訪問地ブリュッセルでの夕食会からは、米欧首脳の並々ならぬ気の配りようが窺えたのである。 初日(二十一日)、ブッシュ大統領はシラク仏大統領を米大使公邸に招いて夕食を共にした。欧州各国首脳の中でもシラク大統領と最初の饗宴をもったのは、フランスがイラク戦争反対の最右翼だったことと無縁ではない。仏大統領との関係回復こそ米欧和解のカギだった。 〈料理〉 オマールエビのリゾット トリュフのソースで 牛肉のフィレ ボルドレーズソースで 野菜とフレンチフライ 〈飲み物〉 カリフォルニアワイン ボルドレーズはフランスのボルドー地方風との意味で、バターでエシャロットを炒め、赤ワインで煮詰めたソース。つけ合わせのフレンチフライはイラク戦争直前、米国がフランスに反発して「フリーダムフライ」と言い換えたいわくつきのもの。ワインは白、赤ともカリフォルニアで、ホストは米仏の料理のマリアージュ(結合)を通して「両国の協力の素晴らしさ」を示そうとしたのではないか。 この日の午後、ブッシュ大統領は興味深い演説を行なった。米欧提携の必要性に触れた中で、フランスのノーベル賞作家アルベール・カミュの「自由獲得は長距離競走である」という言葉を引いて「自由と民主主義は必要だが、外から押し付けることはできない」と述べたのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順