日韓を猛追する中国造船業の技術力

執筆者:五味康平 2005年4月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: 中国・台湾

 中国の造船建造量(完成ベース)が昨年八百五十万トンとなり、世界シェアで一五%に達した。韓国、日本に次ぐ三位の位置は一九九五年以来、変わらないが、建造量千四百万トンの日本との差が一段と縮まった。新造船受注量でも昨年、一〇%を超えた模様で、世界の造船業界は日中韓の三つ巴の様相を深めている。今年の中国は建造量が千万トンを超え、世界シェアは一七%に伸張する見通しだ。 注目されるのは、中国造船業界の技術力の向上だ。これまで受注の中心はバルク船(バラ積み船)だったが、ここに来て、VLCC(三十万トン級大型タンカー)、コンテナ船の受注が急増している。中国の造船業界は中国船舶重工業集団公司(CSIC)と中国船舶工業集団公司(CSSC)の二グループが主導しているが、CSICはすでにイランや中国国内船主から延べ十五隻のVLCCの受注を獲得している。CSICがVLCCを初受注したのは九九年で、わずか五、六年のうちにVLCCの大量建造ができるまでに力を付けたといえる。今後、建造で習熟化してくれば、受注から出荷までの生産リードタイム、コストの両面で競争力を高めてくるのは確実だ。 CSSC傘下の滬東中華造船(上海)はさらに技術レベルの高いLNG(液化天然ガス)船を広東LNGプロジェクトから昨年、二隻受注している。LNG船は超低温に耐え、一〇〇%の気密性を保つタンクを船体に載せるだけに高い建造技術が必要で、従来は日韓の独占状態だった。中国がLNG船にまで風穴を開けたことは中国の技術向上を裏付けている。さらに八千個積みなど世界的に大型化が進むコンテナ船の受注にも中国は積極的に動いており、船舶の種類でも日韓との競合性が高まってきた。建造管理でも日本の造船会社が得意とする同一ドック内での並列生産を上海外高橋造船所が実施するなど、飛躍的に水準が向上している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順