インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

人権侵害のビッグデータ告発「スノーデン氏逮捕」なら「ネット上で即解禁」の情報とは?

春名幹男
執筆者:春名幹男 2013年7月18日
エリア: ロシア 北米
 7月12日、モスクワの空港内で人権団体関係者らと面会するスノーデン氏 (C)AFP=時事
7月12日、モスクワの空港内で人権団体関係者らと面会するスノーデン氏 (C)AFP=時事

 オバマ米大統領は「ビッグデータ大統領」と呼ばれている。

 昨年3月オバマ政権は「国家ビッグデータ研究開発構想」に2億ドル(約200億円)の予算を充てると発表した。国立科学財団は全米の研究機関を支援し、国立衛生研究所(NIH)ゲノム・プロジェクト、国防高等研究計画局(DARPA)XDATAと呼ばれる大容量の計算技術開発などが始まった。今年4月には経済界など民間も巻き込んで経済成長、教育、エネルギーへの利用促進が決まった。

 史上初の「ビッグデータ選挙」と呼ばれた昨年の大統領選では、有権者の動向に関するデータを収集・分析した詳細なデータベースがオバマ勝利の原動力になった。

 ビッグデータの基本はデジタル情報。情報総量に占めるデジタル情報の割合は2000年時点で約25%だったが、現在では98%を超えた。これをいかに賢明に利用するかが、経済、政治、安全保障上の大きな課題なのだ。

 しかし対テロ対策を名目とする個人情報のビッグデータ利用に対し、前代未聞の強烈な内部告発で重要な情報が暴露された。それがまさに中央情報局(CIA)のエドワード・スノーデン元職員(30)が起こした事件である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順