ロシア軍「史上最大規模抜き打ち演習」の深いワケ

名越健郎
執筆者:名越健郎 2013年7月21日
カテゴリ: 外交・安全保障
エリア: ロシア 中国・台湾

 ロシア軍が7月13日から20日まで、東部軍管区で「ソ連崩壊後最大規模」(ロシア国防省)の軍事演習を抜き打ちで実施し、プーチン大統領も現地視察した。今回の演習に「中国の脅威」が影を落としているのは間違いないようだ。

 抜き打ち演習には、東部軍管区を中心に兵力16万人、戦車1000両、航空機130機、艦船70隻が参加。東部軍管区の兵力は16万人以下で、中部軍管区からも動員されたようだ。近年の軍事費増や兵器の更新を受けて、軍の機動力や作戦遂行能力、緊急展開能力などをチェックする狙いがある。サハリン州とチタで演習を視察したプーチン大統領は「任務は完遂され、申し分ない」と評価した。

 抜き打ち演習は7月12日、プーチン大統領とショイグ国防相の会談で急きょ決まった。昨年まで非常事態相を十数年務めた新任のショイグ国防相は抜き打ち演習が好きなようで、5月の南部でのミサイル攻撃対策訓練、6月の北部での空軍スクランブル訓練に次いで今年3回目。今回の演習地域は3000キロ以上に及び、ソ連時代にもなかった最大規模の抜き打ち訓練とされる。

 

オホーツク海に入った中国軍

 時系列にみると、「中国の影」が読み取れる。抜き打ち演習が発表されたのはモスクワ時間7月12日夕刻だが、5日から12日までウラジオストク沖の日本海で中露合同海軍演習が行なわれていた。翌13日、抜き打ち演習命令に沿ってロシア太平洋艦隊の16隻が宗谷海峡を通過してオホーツク海に入り、軍事演習を行なった。問題は、続く14日に、中露演習に参加した中国海軍艦船7隻のうち5隻が、やはり宗谷海峡を通過してオホーツク海に入ったことだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順