ブックハンティング・クラシックス
ブックハンティング・クラシックス(3)

若き外交官補・芦田均による驚くべき記録と洞察

執筆者:佐瀬昌盛 2005年4月号
カテゴリ: 国際 書評
エリア: ロシア

『革命前後のロシア』芦田均著自由アジア社 1958年刊 一九一四年四月、二十六歳の日本青年がシベリア鉄道でロシアを横断、当時の露都ペテルブルクに向かった。その地の大使館で外交官補として勤務する目的で。勤務開始から三カ月半、欧州に大戦が勃発した。いまでこそそれを第一次大戦と呼ぶが、それはその二十五年後に「第二次」があったからこそだ。この大戦には帝制ロシアはドイツを敵として参戦、やがて日本も対独参戦した。その十年前の日露戦争の傷痕は蔽われ、いまや日露はドイツを敵とし、同じ側で戦ったのである。ために露都の対日感情は驚くほど好転、若い外交官補も仕事の仕甲斐があった。大戦という前例のない事態を、西欧(ロンドン、パリ)と東京の間の地点から凝視できたからである。 ところがなんとしたことか、全体で四年にわたった大戦は、ロシアに関する限り三年余で終ってしまった。一九一七年十一月の「十月革命」で帝制を廃止したロシアが戦線離脱したからだ。同年の初めからは、国際情勢だけでなくロシア内政からも目が離せなくなっていた。若い外交官補はその両面に眼を凝らす。「二月革命」、ニコライ二世の退位、皇帝一家の僻地監禁(やがて処刑)、ボリシェヴィキの政権掌握といった大波瀾を見届けたのを待っていたかのように、一九一七年大晦日、若い外交官補には帰国命令が出た。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
佐瀬昌盛 防衛大学校名誉教授。1934年生れ。東京大学大学院修了。成蹊大学助教授、防衛大学校教授、拓殖大学海外事情研究所所長などを歴任。『NATO―21世紀からの世界戦略』(文春新書)、『集団的自衛権―論争のために』(PHP新書)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順