「イランはどこだ」

名越健郎
執筆者:名越健郎 2005年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米

 2月のブッシュ米大統領の欧州歴訪で、焦点の一つがイランの核問題だった。イラクのフセイン政権解体で、「悪の枢軸」の一角が崩れ、次はイランと北朝鮮へのブッシュ政権の対応が焦点となる。英独仏の欧州連合(EU)3国は核放棄に向けてイランと外交交渉を行なっており、強硬姿勢の米国とは温度差がある。 大統領は訪欧中、「米国がイランへの攻撃を計画しているとの憶測はばかげている」と攻撃を否定した。しかし、「あらゆる選択肢を排除しない」とも付け加えており、緊張が高まる可能性もある。 ブッシュ大統領が「米国がイランへの攻撃を計画しているとの憶測はばかげている」と話すのを聞いて、欧州首脳がつぶやいた。「イラクの時も、計画がないまま攻撃した」 ライス米国務長官がイランに核計画の放棄を要求した。「早急に放棄しなければ、ブッシュ大統領が執務室の地図でイランを見つけるかもしれない」 イランとEUの外交交渉が進展しているのを見て、妥協を嫌うライス長官が本音を漏らした。「イランが『悪の枢軸』から転落する事態を憂慮している」 イラクには結局、大量破壊兵器はなかったことが確認され、報告を受けたブッシュ大統領が言った。「分かった。サダム・フセインを元の穴倉に戻そう」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順