「悪童・柿谷」初登場

星野 智幸
執筆者:星野 智幸 2013年7月30日
カテゴリ: スポーツ
 東アジアカップの対韓国戦。後半ロスタイムに決勝ゴールを決め喜ぶ柿谷=7月28日 (C)時事
東アジアカップの対韓国戦。後半ロスタイムに決勝ゴールを決め喜ぶ柿谷=7月28日 (C)時事

 ついに柿谷曜一朗が日本代表でデビューした。初出場で初得点に始まり、優勝を決める劇的な決勝点まで決めて。

 キリンのように細長い体と首を揺らめかせながら姿勢よく走り、ウェーブを描くような細かな緩急を交えた動きで相手を翻弄し、足もとはおろか体のあらゆる部位でのボール扱いに長け、正確無比なキックを持ち、視野が広く、ポジション取りにも優れている。どこを取っても、圧倒的な才能があふれている逸材だ。17歳の時点で、すぐにでも日本代表を背負って立つ選手として、脚光を浴びていた。私が柿谷の名を頭に刻んだのも、そのころだった。

 しかし、代表デビューしたときには、同世代の香川真司や清武弘嗣らから大きく遅れて、すでに23歳になっていた。

 

セレッソの光と影

 香川と並ぶ才能を持ちながら、なぜ、これほど遅れたのか? そこに柿谷の魅力と欠点が凝縮されている。

 端的に、「悪童」だからだ。優等生である香川が順調に伸びていく中、柿谷はグレたのだ。同じセレッソ大阪に所属しながら、香川がチームの中心となっていく中で、2番手であることに腐り、練習に遅刻するなど、投げやりになっていった。その結果、J2の徳島ヴォルティスにレンタル移籍で放出される。そこで「更生」して、昨年からセレッソに復帰、ようやく才能を爆発させているわけだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
星野 智幸
星野 智幸 作家。1965年ロサンゼルス生れ。早稲田大学第一文学部を卒業後、新聞記者をへて、メキシコに留学。1997年『最後の吐息』(文藝賞)でデビュー。2000年『目覚めよと人魚は歌う』で三島由紀夫賞、2003年『ファンタジスタ』で野間文芸新人賞、2011年『俺俺』で大江健三郎賞を受賞。著書に『ロンリー・ハーツ・キラー』『アルカロイド・ラヴァーズ』『水族』『無間道』などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順