深層レポート 日本の政治
深層レポート 日本の政治(161)

「野党再編」を横目に「3年後の戦略」を描く大勝・安倍首相

2013年8月2日
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 参院選の自民党大勝を受けて、民主党、みんなの党、日本維新の会の3党内で野党再編に向けた動きが活発化している。その背景には、憲法改正を目指す安倍政権がこの新党を補完勢力化して、衆参両院で改憲に必要な3分の2の勢力を確保したいという思惑も見え隠れしている。単なる野党の分裂、合流、組合せの変更にとどまらず、国家としての重大な針路を左右する動きに発展する可能性もあり、目が離せない。

 

野党3幹事長会合

 野党再編に向けた具体的な動きとして、もっとも注目されたのは参院選投開票日の7月21日に行なわれた民主党の細野豪志幹事長(7月26日辞任)、みんなの党の江田憲司幹事長、日本維新の会の松野頼久国会議員団幹事長による3者会合である。

 この会合はすぐにマスコミに嗅ぎ付けられ、「3幹事長が勉強会を発足させることで一致した」と報じられた。この報道に対しては、江田氏が「勉強会を立ち上げて、という話を話し合った事実もないし、立ち上げることを決めたという事実もない」と真っ向から否定。また、松野氏や細野氏も周辺に「そんなことは話し合ってない」と話した。複数の関係者によると、3氏が言っているとおり、この会合で「勉強会」という単語が出たことはなかったようだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順