「総合安全保障戦略」策定のための人材は十分か

2013年8月1日
カテゴリ: 外交・安全保障
エリア: 日本

 産経新聞によると、安倍晋三首相は国家安全保障会議(日本版NSC)創設に連動し、「国家安全保障戦略」を初めて策定する方針を固めた。記事には「首相官邸主導で外交・安保政策を立案するNSCが発足する来春にも策定する方針で、NSC創設の意義を象徴する戦略文書となる」とある(ウェブ版7月8日)。

 

 これまで我が国は、国家安全保障の戦略的指針が明確ではなかったが、ようやく安全保障戦略の確立に向けて動き始めた。「国家安全保障戦略」の策定は簡単ではないし、外交、防衛、経済などの専門家の参画が必須である。しかし、これを進める上で、何より深刻な問題は、特定分野の優秀な専門家は多数いるものの、策定のノウハウを熟知する人材がいないことである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順