ジンバブエ「最後のチャンス」だった総選挙

平野克己
執筆者:平野克己 2013年8月5日
エリア: アフリカ

 7月31日、ジンバブエで総選挙があった。大統領選には5人 が立候補したが、事実上、現職のムガベ大統領とチャンギライ首相の一騎打ちだった。

 前回の選挙は2008年にあった。このとき野党民主変革運動(MDC)のチャンギライがムガベ票を上回ったのだが、与党である民族同盟愛国戦線(ZANU-PF)が徹底した弾圧策に出てMDC支持者200人あまりを殺害、チャンギライ自身も暴行されて決戦投票辞退に追い込まれた。その後事態収拾のため近隣諸国を中心とした国際調停が入り、ZANU-PFとMDCの連立政権ができたのである。

 

1997年の出来事

 私の最初の職場はジンバブエの日本大使館だった。初代の専門調査員として1984年に赴任し、3年間を過ごした国だ。

 1980年独立直後のムガベは、「ガチガチのマルキスト」という前評判とは異なり、穏便な政策運営だった。農相には白人を起用し、要の経済企画相には、国連開発計画(UNDP)高官を務めていた実務派国際官僚のジンバブエ黒人をあてた。当時のジンバブエは前身であるローデシアから継承した強力な経済を有し、南部アフリカ地域経済の要衝として、また、やがてくる南アフリカ民主化への導き手として、国際社会でもきわめて重視されていた。ちなみにムガベは、海部内閣最初の国賓として1989年に訪日している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順