北尾吉孝は「北裏イズムの子」か

執筆者:喜文康隆 2005年5月号

「思想の生存条件の一つは寄生である。思想の自立を信ずる思想家の思想もこの制約を免れているわけではないのである」(林達夫『思想の運命』)     * 四月一日、お台場の東京ビッグサイトでソフトバンクグループ中核六社の入社式が開かれた。新卒新入社員は計二千百八十七人、昨年の十三倍が広大なホールに並ぶ。今年からグループの一員となったプロ野球「福岡ソフトバンクホークス」の副社長兼監督、王貞治氏も来場して花を添えている。 グループ総帥・孫正義は、「ホリエモンさんのおかげで『大人のソフトバンク』と言われる」と余裕を見せ、そして「大事なのは持ち株比率ではなく同じ志を共有している仲間だ」と続けた。「本当に二千人もの人を『仲間』にできるのだろうか」。そんな思いを呑み込んで、デジタル情報革命の旗手になると強調する孫とソフトバンクを、三十年前の野村証券の姿に重ねて見てみようと思った。「情報資本主義の時代」を高らかに謳っていた野村。その陰で銀行から「株屋」と見下され、同業他社からもえげつないまでの商法を疎んじられていた、あの頃の野村だ。「社長になる」はずだった男 フジテレビ・ニッポン放送グループの経営支配権を巡る争奪戦が過熱するなか、ソフトバンク・インベストメント(SBI)がニッポン放送の所有するフジテレビ株を貸株として引き受け、フジの筆頭株主に躍り出た。プロレスラーまがいの体躯からマシンガンのようにことばを繰り出しライブドアの堀江貴文を子ども扱いして見せるSBI最高経営責任者(CEO)の北尾吉孝は、イメージが役回りを規定する「キャラクター資本主義」時代のヒール(悪役)としてよく嵌る。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順