日中の「相互感情の悪さ」は「どのぐらい異常」なのか

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2013年8月6日
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

  この夏、中国の雲南省や四川省を旅していたのだが、世界遺産に指定された有名な大仏がある四川省楽山市の下町で足裏マッサージを受けていたときのこと。マッサージ師の40歳ぐらいのおばさんが急にぶつぶつ言い始めた。

「日本人ってのは本当にひどい連中で、釣魚島(尖閣諸島)を買っちまうし、靖国神社に安倍が行って戦犯のことを拝みに行くっていうし、いったいどうなってるんだろうね」

 ああ、またかと思って黙って聞いていると、

「こないだ日本人がお店に来たから、思いっきり手を抜いてやったんだよ」

「お金もちょっとばかり多めに請求してやったんだ」

 などと言う。それにしては、けっこう一生懸命、力を込めて私の足をもんでくれている。

 そして、こう言った。

「あんたは台湾か香港から来たんだろう? 言葉を聞けば分かるんだよ。台湾は馬英九になってよくなったね。もとから台湾は中国なんだから、一緒に仲良くするのが一番だよ」

 台湾や香港で生活した時間が長い私の中国語はどこに行っても南方なまりだと言われる。そして、中国では台湾人や香港人と勘違いされることも、ままある。たいていすぐに日本人だと訂正するのだが、このときばかりはさすがに「いや、日本人です」とは言い出せなかった。せっかくのマッサージで手を抜かれてはたまらない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:6
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順