行き先のない旅
行き先のない旅(24)

国家アイデンティティと「ヨーロッパ人」という意識

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2005年5月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 先日、フィナンシャルタイムズ紙に、「英国人らしさというのは、いまや何を指すのだろう」と問題提起した英国人コラムニストの記事があった。伝統的ないでたちの英国人紳士も、今どき少ない。かといってベッカムが英国の象徴というわけでもない。食の世界では、インド料理がもはや英国の売り物だ。 ブリュッセルとパリを一時間半で結ぶ特急の中で、この記事を読みながら、こうしたアイデンティティを正面きって模索できる「余裕」こそ、何よりイギリスらしい気がした。通貨もポンドのまま、言語も大陸と異なる。どんなに「国際的」な視野を持つ英国人でも、ポンドがユーロになるのは嫌だという。ポンドに対する感情は一種の信仰に近い。しかも、日本と同様、島国の大国という地理的な条件は、隣国で吹く風がどうあろうとも、直接にそのさざなみの影響を受けないで済む。 日本のポップスターは、人口が多い日本でヒットすれば、国内でのアルバム売り上げだけで相当な収入を得るからアジアツアーをする必然性がないが、アジアの他国のアーティストは、自国の売り上げだけでは限度があるため、デビュー当初からアジア戦略を念頭に置くと聞いたことがある。ベルギーのフランス語(ワロン語)圏作家も同様である。アメリー・ノートン、ジャン・フィリップ・トゥサンといった欧州のベストセラー作家は、皆、ブリュッセルに住みながらも、多くの読者を抱えるフランスの出版社から作品を発表している。こうした人たちは、自らのアイデンティティを、ベルギーという国家の枠にとらわれず、「フランス語圏」の中に見出そうとしている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順