クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

騙す写真 支配される「事実」

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2005年5月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 同じニューヨークでも、摩天楼など一つもない。州の北部の静かな大学町を択んで、私は一年間を新聞学部の大学院に留学した。新潟並みに豪雪の降るところで、降り始めると校庭に美しい雪の風紋ができた。いまから四十五年前である。そのときの私は、すでに新聞記者として七年間の経験があった。浮世ばなれした思い出話を、しばらくお許しいただきたい。 戦後まだ十五年であったから、私のルームメイトをはじめ大学の内外で知り合う人は、みな戦争の記憶があった。 十二月七日の正午、寮の部屋で机に向かっていると、町にサイレンが鳴り渡った。「おッ。おい、鳴ってるよ」と、オハイオ出身のルームメイトが声をかけた。そう言われてはじめて私は、アメリカ人がまだパールハーバー(真珠湾攻撃)をリメンバーしているんだなと知った。 日曜日、久しぶりに箸を持ちたくて、寮の前を起点に下町へ行くバスに乗った。下町には中華レストランが二軒ある。カラのバスに乗って何気なく一番後ろの席に腰かけると、黒人の運転手が振り向きざま、凄い権幕で「そこはダメだ。もっと前に座れ」と怒鳴った。そうか、人種差別の国だったんだと、いっぺんに目が覚めた。 新学期の始業前日、各講座が広い体育館に机を置いて受講登録を受け付けている。留学生アドバイザー(教授)が写真の講座も取りなさいと勧めていたので、私は登録した。担任はドゥマレスト先生で、他の講座と違って彼だけがドクターでなく、ミスターだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順