雪解けムードの裏で軍拡を続ける印パ

2005年6月号
カテゴリ: 国際

 インドとパキスタンが首脳会談の開催や係争地であるカシミール地方での直行バス運行といった緊張緩和策を進めている。だが、軍事的緊張が解けたわけではない。 パキスタンは米国からのF16戦闘機の購入をようやく認められたが、最近、盛んにミサイル実験も繰り返している。三月下旬に長距離弾道ミサイル「シャヒーン2」、四月に短距離ミサイル「ルトフ2」の発射実験を行ない成功。いずれも核弾頭の搭載が可能だ。 インドも、米軍事筋によればパキスタンよりも巧妙かつ大胆に軍拡を図っている。二月と四月にミサイル実験を実施したほか、四月には初の独自設計による空母の建造に着手。潜水艦発射巡航ミサイルの開発や、南部アラビア海沿岸のカラワルではインド最大規模の海軍基地の建設も進めている。 五月にはパキスタン国境に近いラジャスタン地方で大規模軍事演習を計画。目的のひとつは、実戦配備前の国産戦車「アルジュン」の本格的な野外試験だともいわれる。 インド陸軍は昨年、新しい軍事原則を発表し、ラジャスタンにある南西司令部も大幅に改編された。過去二回の軍事演習では、前線に武器・弾薬を供給する体制の欠陥が判明し、今年初め、改善されたという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順