インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

国連汚職で起訴された朴東宣は「日本潜伏」か

春名幹男
執筆者:春名幹男 2005年6月号
カテゴリ: 国際

 イラクの旧フセイン体制下で行なわれた国連の人道支援事業「石油・食料交換計画」は、国連が絡んだ未曾有の国際スキャンダルだ。事件は、利権に群がった新旧の国際的な裏人脈ネットワークを浮かび上がらせた。総勢数百人といわれる。 この計画(一九九六―二〇〇三年)は、食料や医薬品など人道上必要な物資を購入する分だけ、旧フセイン政権は石油を輸出して外貨を得てもよい、というシステムだ。総額は実に約六百五十億ドル(約六兆八千億円)。国連の規定に違反して、安い価格で裏人脈のネットワークを通じて石油を販売し、彼らを儲けさせ、彼らの政治的影響力を利用して、対イラク経済制裁を骨抜きにしよう、とフセイン元大統領は狙ったのである。 国連幹部で計画の責任者だったベノン・セバン氏らに始まって、国連事務総長の長男コジョ・アナン氏、さらに米誌タイムによれば、シラク・フランス大統領に近いシャルル・パスクア元内相らも関与した、という。 そんな中で、一九七〇年代のコリアゲート事件で名を馳せた韓国人ロビイスト、朴東宣氏(七〇)が登場した。ニューヨーク南部連邦地検は四月十四日、朴氏を外国代理人の未登録と国連高官に対する贈賄未遂で起訴したのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順