80時間世界一周
80時間世界一周(10)

マレーシア版ミシュラン『ハラル食品ガイド』の売行き

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2005年6月号
カテゴリ: 国際

 マレーシアの首都クアラルンプール郊外の国際空港から市内までは、空港エキスプレス列車で二十八分。ターミナルビルの真下に設置された駅から十五分間隔で運行されるため、旅行者にとって一段と便利になった。終点の中央駅で下車すると、目の前には真新しい二棟の大型ホテルが双子の姉妹のように並んでいる。日系企業とタイアップした世界的チェーン網のヒルトンとメリディアンだ。 早速、ヒルトン・ホテルで評判の中華レストランを覗いてみた。メニューをみて驚いたことに、中華料理の定番であるポーク料理が一切ない。目の錯覚か、それともメニューの落丁かと思って確かめたところ、この店では豚肉もラードも一切使わないことを売り物にしているという。特別注文でもポーク料理は用意できないとのことであった。中華料理といえば、豚肉の脂肪からとった半固形の油ラードを使うとばかり思っていたが、ここはそうではなかった。 この店は現在、マレーシアで人気沸騰中の「ハラル・レストラン」だったのだ。これは、イスラム教の掟に従って調理するレストランで、イスラム教の認証団体が発行するライセンスを得て営業するため、安心して食べられる中華料理を求めて、イスラム教徒の常連客が増えている。ハラルとは「許容される行為」を意味し、言ってみればイスラム版ISO(国際標準化機構)に相当する。イスラム教では豚がご法度で、豚のエキスを使った食品もすべて禁止だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順