クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

中国の代替国 ないわけでもない

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2005年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 十三億人のユーザーが一日も早くマイカーを手に入れ、行きたいときに行きたい場所へ行けるようになる日の到来を待っている。自動車メーカーの社長や営業担当は、そう思うと夜もおちおち眠れないだろう。早く売らなきゃ他社が売る。 車だけではない。液晶テレビ、デジカメ、ケータイ、冷蔵庫その他のメーカー、またスーパーやコンビニ・チェーンの社長たちが、みな似たことを考えている。そのソロバンが鮮やかに目の前に見えるから、彼らはつい言いたくなる。「小泉はいつまでツマラヌことに固執するのか。靖国参拝しませんと誓ってしまえばいいではないか。なぜさっさとA級戦犯を分祀しない」 そういう言葉のウラに、中国の反日が本格的な日貨排斥運動まで行けばエライコッチャという恐怖がある。 だが残念ながら、彼らが見落としていることが一つある。それは中国の想像を絶する貧富の差である。予言めくがあの国は、まともに豊かにならない。数千万数億の収奪された下層の民が、「反日」よりもっと身近な目標に向かって石を投げ始める日が、きっと来る。 全部の卵を中国という一つの籠に入れるのは危ない。というわけでインドとのパイプを太くしようという動きが出てきた。インドはITではイイ線いってるそうである。しかし私の漠然とした感じでは、天竺と結んで唐との関係を薄めるのは、どうも話がデカすぎる。島国日本の力量に余るのではないか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順