饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(183)

「ペルー大使公邸人質事件」知られざる大使夫人の奮闘

西川恵
執筆者:西川恵 2013年8月19日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 中南米
 当時を振り返る青木夫人(筆者撮影)
当時を振り返る青木夫人(筆者撮影)

 外交官が外務省を定年退職する時、夫婦で「任地で大きな事件、事故がなくてよかった」と安堵の言葉が口をつくという。これは何人もの外交官OBから聞いた話だから本当だろう。

 任地で邦人がクーデター、テロ、大災害などに巻き込まれると、邦人保護の最前線に立つ日本大使館は大変だ。陣頭指揮をとる大使の危機管理能力が試され、メディアの批判にもさらされる。しかしその大使が事件の渦中に巻き込まれたらどうなるか。

 駐ペルー大使だった青木盛久氏は1996年12月、公邸で天皇誕生日レセプションを開いているさなか、過激派に襲撃され、71人の人質と共に126日間、公邸内で囚われの身となった。いわゆる日本大使公邸人質事件である。この時、公邸の外から物心両面で支えたのが夫人の直子さんだった。その直子さんが最近、取材に応じ、当時、ほとんど報じられなかった「大使夫人の危機管理」について語ってくれた。

 

緊迫の脱出劇

 あの日(12月17日)は、夕刻から日本大使公邸は天皇誕生日を祝うレセプションの招待客でごった返していた。午後8時20分ごろ、公邸の玄関付近にいた直子さんは、ドカーンという音を聞いた。「ガス爆発よ」と招待客。しかし続いて連射音が響き、ただごとでないと気付いた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順