マリPKOに中国「人民解放軍」派遣の意味

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2013年8月22日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
 国連PKOへの協力を強化する中国の狙いとは(習近平主席)(C)AFP=時事
国連PKOへの協力を強化する中国の狙いとは(習近平主席)(C)AFP=時事

 フランス軍主導でイスラム過激派の掃討作戦が続いてきたアフリカ西部マリ共和国で7月から、国連平和維持活動(PKO)の「国連マリ多元統合安定化ミッション(MINUSMA)が始まった。4月25日に採択された国連安保理決議2100に基づき、過激派による北部占領やクーデターを経験したマリの安定化を目指すPKOである。要員は軍人1万1200人、文民警察官1440人の総勢1万2640人だ。

 このMINUSMAに、中国政府が本格的な戦闘能力を持つ治安部隊を派遣したことが注目を集めている。

 国連PKOに中国が事実上の戦闘部隊を派遣するのは初めてのことだ。中国国防省の楊宇軍報道官は6月27日の記者会見で、医療、工兵、治安維持を担う人民解放軍の部隊約400人をMINUSMAに派遣することを発表した。報道官によると、治安部隊の任務は主にMINUSMAの司令部やPKO部隊の駐屯地の警備だという。

 米国の外交専門誌フォーリン・ポリシーによると、派遣されるのは中国吉林省長春に司令部を置く人民解放軍第16集団軍の395人だという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順