政治をゼロから考える
政治をゼロから考える(24)

日本において政治システムを変えることは可能か

宇野重規
執筆者:宇野重規 2013年8月26日
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

質問 「現在の日本において、政治システムを変えることは可能ですか」

 

 先日、エジプト政府が軍によって倒され、憲法が停止されました。関連して、次のような質問が届きました。「日本では、政治システムを根本的に変更することは可能なのでしょうか。国民の不満が現行の政府を倒すといったことは、政治システムが不安定だった過去の国家や、発展途上国でしかありえないのでしょうか?」。

 なかなか難しい質問です。エジプトで今回起きたのはいわゆるクーデタという事態です(クーデタとは何か、そして革命とどのように異なるかについては、後ほど論じます)。現在の日本においてクーデタが生じうるか、そしてそれが望ましいことかと問われれば、いずれもNoとしか答えようがありません。

 もちろん、かわぐちかいじの漫画『沈黙の艦隊』をはじめ、フィクションの世界では、自衛隊によるクーデタものは、一定のジャンルとして確立しているようです。とはいえ、質問された方の意図は、現代日本におけるクーデタの可能性とは別のところにあるようにも思えます。

 

「クーデタ」という言葉に込められた意味

 ちなみに、クーデタというのは、面白い言葉です。元々はフランス語で(Coup d’Etat)、「国家への一撃」を意味します。“coup”は、文字通り、「パチン」とたたくことです。国家機関の一部であるはずの軍隊が、非合法な手段で政権を打倒し、憲法を停止するなど現行の政治システムの改変を試みることを指します。

執筆者プロフィール
宇野重規
宇野重規 1967年生れ。1996年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。博士(法学)。東京大学社会科学研究所教授。専攻は政治思想史、政治哲学。著書に『政治哲学へ―現代フランスとの対話』(東京大学出版会、渋沢・クローデル賞ルイ・ヴィトン特別賞)、『トクヴィル 平等と不平等の理論家』(講談社、サントリー学芸賞)、『〈私〉時代のデモクラシー』(岩波新書)、共編著に『希望学[1]』『希望学[4]』(ともに東京大学出版会)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順