知識人の限界に挑んだ“ネオコンの始祖”ポドレッツ

会田弘継
執筆者:会田弘継 2005年7月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 北米

「世界で一番長い旅路は、ブルックリンからマンハッタンへの旅路である」  この一節を目にした時の衝撃はいまでも忘れられない。1970年代のはじめだった。日本ではまだ大学紛争の余波が続き、アメリカもベトナム戦争、学生運動、人種問題などで揺れ続けていた。  ノーマン・ポドレッツ(1930-)は、気鋭の文芸評論家として、当時の日本に紹介されていた。  そのポドレッツの二作目。自叙伝に託した時代評ともいえる秀作『メイキング・イット(成功する)』(1967)の書き出しだ。  ニューヨークの下町ブルックリンから、ブルックリン大橋でほんの数百メートル。イーストリバーを渡れば、アメリカ繁栄の象徴であるマンハッタン島に入る。  だが、ユダヤ移民の子であるポドレッツや、近所のイタリア移民や黒人の子にとって、それは「世界で一番長い旅路」だ。 「すごいひらめきを得た。負け犬になるより成り上がり者になったほうがずっといいのだ」。カネは重要だ。権力が欲しい。名声は「例えようもなく甘美だ」。  ポドレッツは臆面もなくエゴを語り出す。  実業家の成功物語ではない。  進歩派(リベラル)の泰斗とされていた文芸評論家ライオネル・トリリングの薫陶を受け、英ケンブリッジ大に奨学金留学し、政治哲学者ハンナ・アレントや、のちにノーベル文学賞を受ける作家ソウル・ベローらと交わる気鋭の評論家がつむぐ自身の物語と知識人らの現実。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順