クリントン夫妻の「盟友」が挑むヴァージニア州知事選

足立正彦
執筆者:足立正彦 2013年8月29日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: 北米

 大統領選挙も連邦議会選挙も行なわれない今年、州知事選を実施する州が2つある。1つは、2016年大統領選挙の共和党大統領候補指名獲得争いへの出馬が囁かれている穏健派政治家、クリス・クリスティ氏が再選を目指すニュージャージー州知事選。そして、もう1つは、現職知事の任期満了により現職が出馬しない「オープン・シート」となるヴァージニア州である。ヴァージニア州の憲法では州知事の任期は1期4年と規定されており、ボブ・マクドネル州知事(共和党)は今年11月に行なわれる州知事選に出馬することはできない。

 

 ニュージャージー、ヴァージニアの2州では2カ月余り先の11月5日に知事選が行なわれることになっている。ニュージャージーでは、各種世論調査から判断する限り、現職のクリスティ州知事の再選が確実視されている。クリスティ氏は、現在、共和党知事会(RGA)の副会長職にもあり全米を駆け巡っているが、11月の州知事選で再選を果たしてから2016年大統領選挙での共和党大統領候補指名獲得争いに向けた準備を始めると予想される。

 

 他方、ヴァージニア州知事選は、不透明な展開となっている。共和党候補は共和党保守派勢力の根強い支持を受けているケン・クチネリ州司法長官である。これに対し、民主党候補はテリー・マコーリフ元民主党全国委員会(DNC)委員長である。筆者がワシントンに勤務していた2000年代前半のほとんどの時代、マコーリフ氏はDNC委員長に在任していたため、02年中間選挙や04年大統領選挙などで民主党議員や民主党大統領候補であったジョン・ケリー上院議員(当時)のために奮闘していたマコーリフ氏は個人的に馴染みのある人物である。マコーリフ氏は前回09年のヴァージニア州知事選の民主党予備選にも出馬したが、指名を獲得することができず、今回は捲土重来を期すことになる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順