クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

虎に跨って奔る中国に養虎遺患の嫌いあり

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2005年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

「あんたら、なんぼ金持ちか知らんけど、金持チ喧嘩セズでいくことないやろ。怒るべきときは怒らんかい!」JR西日本幹部を記者会見で怒鳴り上げた髭の社会部記者なら、そう叱咤するだろう。 日本の総理大臣に会う約束を、当日すっぽかして帰った中国副首相・呉儀の無礼は、国際社会の交際の常識から見て、意図して日本に侮辱を加えた行為である。怒るべきときに怒らなければ、国は国家として失格である。 隣の子供がキャッチボールしていて窓ガラスを割った。親に子供を叱ってくれと頼んだら「何ぬかす。おまえの祖父さんは悪いヤツだった。おまえはその霊を仏壇に祭って鉦を鳴らしておるだろう。まず謝れ。こっちは謝罪も弁償もせん」と突っぱねた。それで、御近所の交際が成り立つのか? 若いときから良心的な商売を売り物にしてきた洋平叔父さんが来て「先祖が先様に迷惑かけたんだ。もう仏壇の鉦を鳴らすのはおよし」と言う。要らざるお世話だ。自分の屋根の下で自分が何をしようと他人に干渉されたくないと、当主・純一郎は膨れている。 靖国神社に参拝して何の国益があるかと、日中友好を大事にする新聞は書く。だが損得の問題ではない。ソロバンに合うか合わないかで靖国へ行ったり行かなかったりするのは、エコノミック・アニマルの所業ではないか。利益になってもならなくても、祖霊を祭るのは人倫の基本である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順