「東南アジア・カジノ地図」はどう変わるのか

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2005年8月号

マカオ、シンガポールにタイも追随へ。“カジノ拡散”の影響は東南アジアのあらゆる国に及ぼうとしている。 頑なにカジノを拒否してきたシンガポールが、今年四月、一転してカジノ大国への道を歩むことを宣言して以来、東南アジアではカジノ談義が活発化した。カジノの是非ではなく、どんな魅力的なカジノをどこに建設するかが議論の的となっている。昨年、マカオに米国資本が巨大カジノを建設し、一夜にして東洋のラスベガスへと変貌させたことが、シンガポールに危機感を抱かせるきっかけとなった。今年九月には香港ディズニーランドが開業し、観光客の流れが大きく変化すると予想されている。マカオと香港がいずれも米国の巨大娯楽産業とタイアップするなかで、東南アジア各国はカジノリゾート構想に起死回生を賭ける。 東京は「コスモポリタンな都市」になり損ねたつまらない都市――要約すればこんな言い方で、シンガポールのリー・クアンユー顧問相(元首相)は、東京の二の舞を演じては駄目だと国民に警鐘を鳴らす。息子のリー・シェンロン首相が四月十八日、議会演説でカジノを柱とした複合リゾート構想を発表。その翌日、カジノ構想を支持するための議会スピーチで顧問相が述べたのがこの言葉だ。国際金融センターや国際文化センターになれなかった日本は「反面教師」だというわけだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順