華人カジノ一族たちの武器は「北京コネクション」

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2005年8月号

東南アジアから北朝鮮、シベリアにまで中国系カジノはつながっている。“大中華賭博圏”を通じて、北京の政治的影響力は広がる。 ブラジルで発行されている華字紙「南美僑報」(二〇〇五年一月十五日付)が、中国人の強い射幸心を嘆いていて興味深い。曰く、「いまや世界中のカジノで中国人を見かけないことはない。このままでは国際社会の主流に入ることは難しい」。 気がつけば、いつの間にか中国は“賭場回廊”に囲まれている。中国雲南省と国境を接するミャンマー東北部の果干から、タイ、ミャンマー、ラオスにまたがる「ゴールデン・トライアングル」、マレーシアのゲンティン高原、マレーシアとシンガポールの間のジョホール海峡洋上、マカオ、北朝鮮、さらにシベリア東部まで続く地域。ここでは、いまや八十カ所を超えるカジノを数えることができるが、非合法も含めると二百余カ所で数千軒との説すらある。 それらカジノの経営者も客も、射幸心を有り余るほど持っている華人と中国人たちだ。数年前、カンボジア西北部のルビー取り引きの中心地として知られたポイペトを訪れたが、かつてポル・ポト派の拠点だった面影は皆無、さながらカジノの街と化していた。十軒を超えるカジノの経営者は全てカンボジア籍の、客はタイ籍の華人だったが、なかには中国人観光客と思われる一団もチラホラ。ある経営者はカンボジアの有力政治家やプノンペンの華人黒社会との太いパイプを自慢していたが、香港、台湾、中国の黒社会と結ばれていることも明らかだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順