自衛隊イラク支援に「再延長」の声

2005年8月号
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 中東 日本

 イラクに派遣されている陸上自衛隊の派遣期間が、本来の期限である今年十二月から、さらに一年間延長される可能性が濃厚になってきた。インド洋に展開している海上自衛隊の艦艇に至っては、無期限延長の話さえ浮上している。 イラクの南部で活動中の陸自部隊、約六百人の派遣期間は昨年暮れに一回延長され、十二月十四日までとなっている。再延長について小泉首相は、「(期限が)近づいてみないとわからない」として判断を留保しているが、防衛庁幹部は「直前になって(延長を)決められても対応は無理。当面、派遣延長を視野に(交代要員となる)隊員の人選を進めている」と明かす。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順