饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(91)

耳を疑わせた韓国大統領のその言葉

西川恵
執筆者:西川恵 2005年8月号
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 朝鮮半島 日本

 韓国の盧武鉉大統領の口から「今日の夕食は軽めにする考えです」という言葉を聞いたとき、ソウルからのテレビ実況中継を見ていた私は耳を疑った。六月二十日、青瓦台で日韓首脳会談を終えた大統領と小泉首相が共同記者発表に臨んでいたときのことである。 両首脳がツーカーの間柄であるなら、夕食は気楽にとるという正直ベースの言葉だろう。 しかし両国関係がとげとげしいとき、「軽めにする」という言葉は全く別の意味をもつ。「あなたを歓迎しません」「もてなしのレベルを下げます」ということではないか。 靖国参拝問題などをめぐって関係が悪化して初めての首脳会談となった今回は、くつろいだ雰囲気を演出してきた従来の会談と違い、韓国側の意向で「ネクタイ着用」になった。また厳しい質問を封じるためか、これも韓国側の要望で質問を受けない共同記者発表になった。 この記者発表で大統領は「小泉首相が新たな追悼施設の建設を検討すると約束した」と述べた直後、「約束」という言葉はなかったと訂正。「事前に調整されている文章ですので、一字も間違ってはいけない」とつけ加えた。日本側への精一杯の皮肉である。「夕食を軽めにする」という言葉が出たのはこのすぐ後だ。記者団を前にしてホスト側首脳が「歓迎しません」と受け取れる発言をした例を、私は寡聞にして知らない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順