【ブックハンティング】トヨタやシャープの「現場」はなぜこれほど強いのか

執筆者:榊原清則 2005年8月号
カテゴリ: 書評 経済・ビジネス

 本書は日本の最先端工場に取材した、モノづくりの現場発の日本産業論である。取り上げられているのは、キヤノンやシャープ、富士通、東芝、松下電器、ホンダ、スズキ、トヨタなど、日本を代表する会社の工場と開発現場である。 特に、ハイブリッド車と一般ガソリン車を同じラインで生産するトヨタの堤工場(愛知県)や、大型液晶パネルで有名なシャープの亀山工場(三重県)の、二つの最先端工場のレポートは貴重だ。また、コンベアを廃止したセル生産方式が最近マルチ(混流)化している話など、一口にセル生産方式といってもその中身にはいろいろな実践形態があることも分かる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順