若者を「反日」に駆り立てるもうひとつの真相

執筆者:藤田洋毅 2005年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

たまりにたまった社会の矛盾が、近い将来に爆発する可能性がある。その主役は、「憤青」と呼ばれる若者たちかもしれない。「中国が直面する最大の矛盾はなんでしょうか」――筆者はこの四、五年、同じ問いを投げ続けてきた。 党中央のある高官は「幹部の全面的な腐敗、そして共産党の統治能力を支える基層組織の崩壊だ」と答え、社会科学院の専門家は「三農(農業・農村・農民)問題こそが焦眉の急」と強調した。別の研究者は「国有企業改革、ことに古い重工業地帯である東北地区の再生だ」と訴えた。いずれも“局部の矛盾”である。 一風変わった答は、ある大学院教授の口から飛び出した。「心態不平衡」すなわち「精神の均衡が取れない。十三億人民の心がバランスを失い、大陸全土が苛立っているかのようだ」というのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順