ポドレッツが守ろうとした中産階級文化

会田弘継
執筆者:会田弘継 2005年8月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 北米

 ネオコンの始祖とされる評論家ノーマン・ポドレッツ(一九三〇―)は、衝撃的に論争の地平を広げるだけでなく、その位相をも変えてしまう独特の批評力を持っていた。「明晰さとは勇気だ。勇気とは明晰さだ」 若き日のポドレッツの引き起こす論争は、必ず核心に切り込んでいった。その核心は、往々にして、時代の思潮に抑え付けられ知識人が目を背けようとしていることだった。 一九六七年。ベトナム反戦、麻薬による幻想などを賛美する反体制文化、新左翼運動が隆盛の時代。ポドレッツは、多くの知識人がアメリカ的なるものすべてに敵意を向けていた世相に対し、真正面からもっとも「陳腐」なアメリカの価値観をぶつけた。 カネ、権力、名声。これらを求める「成功欲」こそが、知識人さえも動かす「アメリカの現実」だと喝破してみせた。 小説に託すのでない。ひとごととして批評の対象にするのでもない。自叙伝として語ることで、ポドレッツは知識人としてアメリカを引き受ける覚悟を示した。 それが、『成功する』(一九六七)だ。 ラディカルから新保守へ転向していくポドレッツは、時代に向かってなぜこうした問いかけを行なったのか。ビート世代への痛烈な批判 初期のもうひとつの重要なエッセーが答えにヒントを与えてくれる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順