「アラブ連合軍」構想でサウジが米国を牽制

池内恵
執筆者:池内恵 2013年9月16日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 中東 北米

 シリア化学兵器管理をめぐって9月14日にジュネーブで結ばれた米・ロの合意に対して、サウジアラビアやイスラエルなど、米国の中東における同盟国は、「切り捨てられた」と危惧の念を高めかねない。合意の内容がもし本当に実施されればそれぞれに一定の利益を得られるものの、内戦の状況下でアサド政権の化学兵器を廃棄していくというのは、現実性が乏しい案と言わざるをえない。実際にシリアに化学兵器を廃棄させることよりも、化学兵器管理をめぐって米・ロが合意することそのものに、超大国双方が利益を見出したという性質が色濃い。域外大国間の外交の前進は、地域大国の外交の敗北でもありうる。

 9月15日、ケリー米国務長官はどこよりも先にエルサレムに飛び、イスラエルのネタニヤフ首相に説明した。16日にはパリでオランド仏大統領、ヘイグ英外相との三者会談を行った。ここでサウジアラビアのサウード外相とも会談を行う予定である。まさに同盟国への説明に追われている状態だ。

 強硬姿勢を掲げつつ戦略意図を曖昧にして、予想外の展開を呼び込んだオバマ大統領の外交手法は、長期的には米国の国力の相対的な縮小に対応した巧みな撤退戦術と評価される日が来るかもしれないが、当面は国内でも、そして中東の同盟国からも反発を招いている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順