右翼テロ勃発「ノルウェー」で右翼が政権入りする「複雑な事情」

国末憲人
執筆者:国末憲人 2013年9月19日
エリア: ヨーロッパ

 ノルウェーで9月9日にあった総選挙で与党労働党が敗北したのを受けて、同国史上初めて、右翼が参加する政権が誕生しそうな雲行きだ。8年ぶりの政権奪回を確実にした野党保守党にとって、最も有力な連立相手が、移民の制限をうたう「進歩党」であるからだ。進歩党は、2011年7月に77人の犠牲者を出した連続テロの実行犯として禁錮21年の判決を受けたアンネシュ・ブレイビク服役囚が、かつて所属していた政党だ。右翼テロに続いて右翼政権も誕生し、ノルウェーの良識もついにここまで来たのか――。しかし、ことはそれほど単純ではない。この国の右翼政党を巡る複雑な事情は、少なからずの教訓を含んでいる。

 

「鉄のエルナ」が首相に

 全169議席を争う総選挙では、ストルテンベルグ首相率いる労働党が55議席を獲得したものの、 前回より9議席減らした。中道左派連合全体でも72議席にとどまった。対する保守党は18議席増やして48議席を獲得。右派右翼全体では96議席に達した。

 これを受けて、ストルテンベルグ首相は、

 「10月14日に来年度予算案を提案した後に退任する」

 と表明。剛腕ぶりから「鉄のエルナ」の異名を取るエルナ・ソルベルグ保守党党首が、ノルウェー史上2人目の女性首相に就任する見通しだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順