“児童性愛のDNA”に苦しむドイツ「緑の党」

佐藤伸行
執筆者:佐藤伸行 2013年9月21日
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: ヨーロッパ

 何事かを成し遂げたと自己達成感に浸っている時、人や組織は足元をすくわれやすい。

 ドイツ脱原発のレールを敷いた90年連合・緑の党(以下、緑の党)はその実績を手に、着実に「第3の国民政党」への道を歩んでいるかに見えたが、22日の連邦議会(下院)選挙投票日を目前に、強い逆風に直面した。

 30年以上前、草創期の緑の党が地方選挙に際し、児童との性行為を刑事罰の対象にしない、という驚くべき政策を公約に盛り込み、それを今総選挙の共同筆頭候補であるユルゲン・トリッティン連邦議会院内総務(元環境相、59)が事実上支持していた過去が表面化したのだ。

 

 このスキャンダルは、脱原発の流れの中で環境保護政党としてもてはやされた緑の党のいわば「出生の秘密」に強い光を照射するものでもある。

 1980年に誕生した緑の党は98年、中道左派の社会民主党(SPD)と連立を組み、シュレーダー首相の下、初めて国政与党の座に就いた。2005年に野党に転じて以降は低迷期も迎えたが、11年3月の東京電力福島第一原発事故が強い“追い風”となって再び人気が急上昇した。一時は20%台後半の支持率を獲得し、SPDを凌駕して第2党に躍り出るまでになった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
佐藤伸行
佐藤伸行 追手門学院大学経済学部教授。1960年山形県生れ。85年早稲田大学卒業後、時事通信社入社。90年代はハンブルク支局、ベルリン支局でドイツ統一プロセスとその後のドイツ情勢をカバー。98年から2003年までウィーン支局で旧ユーゴスラビア民族紛争など東欧問題を取材した。06年から09年までワシントン支局勤務を経て編集委員を務め退職。15年より現職。著書に『世界最強の女帝 メルケルの謎』(文春新書)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順