FRB次期議長「サマーズ脱落」で問われるオバマ大統領の「判断力」

足立正彦
執筆者:足立正彦 2013年9月23日
カテゴリ: 国際 政治 金融
エリア: 北米

 米連邦準備制度理事会(FRB)のベン・バーナンキ議長の任期は来年1月末に満了する。バラク・オバマ大統領も今年6月時点で同議長を再任しない意向を示唆していたため、次期FRB議長指名は大きな関心を集めている。候補としては、量的金融緩和を縮小することに積極的と見られていた「タカ派」のローレンス・サマーズ元財務長官と、対照的に慎重と見られている「ハト派」のジャネット・イエレンFRB副議長を軸にして、ドナルド・コーン前FRB副議長、ティモシー・ガイトナー前財務長官らの名前も浮上していた。そして、この問題で重大な展開が9月15日にあった。オバマ大統領の信頼が最も厚いと見られていた最有力候補・サマーズ元財務長官が、次期FRB議長選びから自らを外すよう求める内容の書簡をオバマ大統領宛に送付し、同氏の次期FRB議長就任の可能性が完全に消え失せることになったのである。

 

 ホワイトハウス筋からの情報に基づき、米主要メディアはオバマ大統領が次期FRB議長にサマーズ氏を指名する意向であることを9月12日に一斉に報じた。だが、週末にかけて、同指名に対する各方面からの否定的反応が次々に明らかになり、サマーズ氏は結局自ら辞退せざるを得ない状況に追い込まれていった。サマーズ氏の次期FRB議長指名に拒絶反応を示したのは、オバマ大統領の身内である上院民主党のリベラル派議員であった。次期FRB議長の指名承認プロセスを管轄している上院の銀行・住宅・都市開発委員会(ティム・ジョンソン委員長)は民主党議員12名、共和党議員10名の合計22名で構成されている。だが、同委員会に在籍している民主党のリベラル派議員から、サマーズ氏の次期FRB議長指名に反対、あるいは、難色を示す動きが相次いで表面化していったのである。そして、中道派のジョン・テスター上院議員(モンタナ州)もサマーズ氏指名に反対する意向を13日に示したことが「最後の一太刀」となった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順