インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

イラク選挙で秘密工作か「イランの影」を危惧するアメリカ

春名幹男
執筆者:春名幹男 2005年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米

 イラクがイランへの傾斜を強めている。 七月六日、イランを訪問したドレイミ・イラク国防相はシャムハニ国防軍需相と会談し、防衛協力に関する了解覚書に調印した。両国代表から成る委員会を設置して、地雷の除去やイラク軍近代化など五項目の協力について話し合うことになった。 さらにジャファリ首相も同月十六日からイランを訪問して、十人の閣僚、宗教指導者らと会談し、両国間のパイプライン建設や、イランからイラクへの電力供給で合意した。パイプラインはイラク南部のバスラとイラン南部のアバダンを結び、イラク産原油をイランで精製し、石油製品をイラクに送り返す計画だ。イランがイラクの学校、病院などの建設に約十億ドルを援助することも決まった。 それだけではない。イラクが南部ナジャフに計画中の国際空港の建設にもイランが支援することになった。南部のイスラム教シーア派聖地カルバラを訪問するイラン人にとっては、バグダッド国際空港を経由する旅はますます危険になっており、ナジャフ国際空港建設は待望のプロジェクト。二千万ドル超の建設費の大半はイランからの低利融資で賄う計画のようだ。 イランの国教と同じシーア派の政党、ダワ党を率いるジャファリ首相は、旧フセイン政権下で一時期イランに亡命していたことがある。両国の関係緊密化は予想通りではある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順