政権奪回を目指す国民党「馬英九」のジレンマ

2005年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

ハーバード大学で博士号取得、ハンサムで、スポーツマン。台湾で圧倒的人気を誇る馬・新主席にとって政権奪回のカギは――[台北発]台湾では、独立志向の与党・民進党の陳水扁総統が退任する二〇〇八年春の総統選で、最大野党・国民党が政権を奪回できるかどうかに関心が高まっている。国民党が、連戦氏(六八)の後任の主席に、台湾の政治家の中で人気ナンバーワンの馬英九・台北市長(五五)を選んだためだ。 七月十六日、党の前身を含めると百年以上の歴史を持つ国民党が党のトップを初めて党員直接選挙で決めた結果、馬氏が三十七万五千票あまりを獲得し、約十四万三千票の王金平・立法院長(国会議長=六四=)に圧勝した。馬氏は、中国革命の父、孫文が創立した老舗政党で、蒋介石、蒋経国、李登輝、連戦各氏を継ぐトップにのぼりつめた。予想外の大差に、早くも台湾住民は、次期総統選の国民党候補は「馬氏に決まり」と受け止めている。世論調査では次期総統有力 国民党は、二〇〇〇年の総統選挙で連戦氏が陳水扁氏に敗れて下野したのに続き、〇四年春の総統選でも連氏が陳氏に小差で敗れた。国民党にとって、〇八年の政権奪回は悲願だ。 対する民進党は、陳総統の後継レースのまっただ中だ。有力候補は、今年二月に行政院長(首相)に就任した謝長廷氏(五九)と、一月に党主席に選出された蘇貞昌氏(五八)の二人。有力紙「中国時報」は七月の国民党の党主席選挙後に次期総統選に関する世論調査を行なった。その結果、馬氏と謝氏の対決になった場合、住民の四四%が馬氏を支持、二〇%が謝氏を支持すると答えた。蘇氏が出馬する場合でも、馬氏の支持率四七%、蘇氏は一九%にとどまった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順