早くもかまびすしい「ポスト盧武鉉」の下馬評

執筆者:黒田勝弘 2005年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

さすがに「ビックリ案」の連発に飽きられた盧政権。任期半ばを過ぎて「次」が語られ始めた。「女の対決」か、それとも――。[ソウル発]韓国の盧武鉉(五九)政権は八月で任期(五年)の半分が過ぎた。政権後半に入ると世論は早くも「次」を考え始める。近年、韓国でも世の中の移り変わりのテンポは速い。その分だけ人びとも移り気になり、政権の鮮度が落ちるのも早い。任期の半分を過ぎれば世論にはもう飽きがくる。 とくに盧武鉉政権の場合、地域や政党の基盤にはよらず、インターネットなどメディアの効果的な利用や、いわゆる市民団体や若い世代を中心にした世の中の“革新情緒”などで政権を握ったという経緯がある。ポピュリズム(大衆迎合)政権だけに、たえずカンフル注射的なビックリ案を出していないと鮮度はすぐ低下する。 左派ないし革新政権として、あるいは制度破壊のNGO(非政府組織)政権として今なおビックリ政策は出し続けているが、世論はもうそんなに驚いたり感動(?)しなくなった。いつものことだから「もう分った」というわけだ。となると人びとの関心は「次」に移っていく。韓国人のせっかちさは定評がある。政権・与党にも「隠し玉」 この夏、政界などソウルでの早過ぎるフォーサイト(見通し)によると、「次」はどうやら「女」が焦点になりそうだという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
黒田勝弘 産経新聞ソウル駐在客員論説委員。1941年生れ。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長兼論説委員を経て現職。2005年度には日本記者クラブ賞、菊池寛賞を受賞。在韓30年。日本を代表するコリア・ウォッチャーで、韓国マスコミにも登場し意見を述べている。『“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『ソウル発 これが韓国主義』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順