「特定秘密保護法」とマスコミの取材術

執筆者:フォーサイト編集部 2013年10月15日

3連休の初日だった土曜日、藤沢数希さんの好評連載「結婚と離婚の経済学」の第7回「裁判官が和解話を持ちかける理由――離婚裁判の流れ2」をアップロードしました。我が国の裁判官は非常に勤勉で優秀ですが、如何せん、1人の裁判官が抱えている件数はあまりにも膨大です。そんな事情に加えて、離婚裁判で裁判官から和解話が持ちかけられるには、いろいろと複合的な事情があるのです。

本日の更新記事は、磯山友幸さんの「『特定秘密保護法』でマスコミの『取材術』は変わるか」です。いよいよ今日から臨時国会。政府は懸案だった「特定秘密保護法案」を提出します。確かに外国政府からは長年、日本の情報管理に苦言が呈されてきました。が、今後はチェック体制やルール明確化も必要ですし、何より、報道機関の取材力も問われることになります。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順