2014年インド総選挙&次期首相レース(上) 決め手欠く2大政党

執筆者:緒方麻也 2013年10月20日
カテゴリ: 国際 政治

 21世紀の今日もなお、新聞や通信社が常用する言葉に「筋」というのがある。「消息筋」「関係筋」「情報筋」等、じつに様々だ。要するに「ちょっとソースは明かせませんけど、確かなネタ元ですよ」といいたいのだろうが、かえってニュースの信頼性が損なわれるような気がしてならない。サウジアラビアと日本がアラビア石油の権益更新をめぐる交渉を進めていた1997年ごろには、某新聞に「交渉に極めて近い民間の石油筋によると……」というナゾナゾのような記事が載っていたのを思い出す。

 筆者が検証した限り、たとえば「外交筋」には、現地日本大使館の書記官や専門調査員などが含まれることがけっこうあった。「~の模様だ」「○○氏が日本のメディアの取材に応じるのは極めて異例」などと並んで、まさにマスコミ用語の生きた化石といえそうだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順