ベトナム経済成長のカギは「中国西部市場」

平均所得を過去十年で倍増させ、貧困を半減させたベトナム経済。さらに成長するための糸口は意外なところに――。[ハノイ発]「今年上半期、わが業界の対米輸出はわずか五%の伸びにとどまった」――ベトナム繊維・衣料製品協会会長のレ・クオック・アンはこう嘆く。「今は衣料製造業者にとっては、あまりいい時期ではない。ベトナムはまだWTO(世界貿易機関)に加盟していないため、アメリカ市場で輸入数量規制(クオータ制度)という足枷をはめられているからです」。 成長率が二桁に乗らないことに失望する、こうしたアン会長のような人物を見るだけでも、急成長をつづけるベトナム経済がいかに“野心的”かがわかるというものだ。 五%の成長率ならばさして嘆くには当たらないはずだが、ベトナムの製造業者は二桁の伸びに慣れてしまっている。それどころか、近年では三桁の伸びも珍しくなかった。二〇〇一年から二〇〇三年半ばにかけて、アメリカ政府がクオータ制度を課すまでは、ベトナムの繊維・衣料製品の対米輸出高は四千七百万ドルから四十三億ドルへと、百倍近い伸びを見せてきた。 年内あるいは二〇〇六年早々にも予定されるWTOへの加盟によってクオータ制度の撤廃を図り、最低でも二桁台の成長率を回復したいと、ベトナムの衣料製造業者たちは考えている。しかし、ベトナムの輸出業者には、さらに行く手を阻むものがある。全世界のあらゆる市場に安価な繊維製品を送り込む「中国」という圧倒的な競争相手の存在だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順