アネクドート生存の鍵・プーチン

名越健郎
執筆者:名越健郎 2005年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 モスクワで暮らす筆者にとって、楽しみはロシア人から最新のアネクドートを収集すること。ソ連解体後、傑作は減ったものの、小話はロシア社会を映す鏡でもある。 ロシア文化の結晶と言うべきアネクドートは、ギリシャ語の「アネクドトス(地下出版)」から来ており、帝政時代からロシアの伝統だった。したたかなロシアの民衆は、歴史の動乱を横目に仲間内のアネクドートで憂さを晴らし、事態を諦観してきた。 アネクドートが異常に発達したソ連時代、民衆は社会主義に盲従のそぶりを示す一方、裏では小話で痛烈に批判、冷笑しており、ソ連解体の原動力になったと言っても言いすぎではない。 ソ連解体後、一党独裁の閉鎖社会が変革され、アネクドートは存亡の危機に立ったが、独裁、汚職、官僚主義といった「養分」がプーチン体制下で増幅。引き続き生命力を維持している。 スターリンは、いかにしてこの国を統治すべきかを示した。 フルシチョフは、能力がなくても統治のそぶりができることを示した。 ブレジネフは、能力のない者が統治できるわけではないことを示した。 ゴルバチョフは、この国の統治がいかに難しいかを示した。 エリツィンは、結局この国は統治できないことを示した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順