クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

人が憎悪によって動くこわいこわい文化革命

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2005年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ 中東

 オランダの映画監督で、かのヴィンセント・バン・ゴッホの弟で画商だったテオが曾祖父に当たるというテオ・バン・ゴッホが殺された。去年十一月のことである。 アムステルダムの朝のラッシュの中を、テオは自転車で走っていた。一人の男が彼を呼び止め、ナイフを取り出して刺した。テオが死ぬまで何度も何度も刺し、ゆっくりと現場を立ち去った。後に警官隊との撃ち合いのすえ捕まった。ムハンマド・ブイエリ(二七)というオランダに生まれ育ったモロッコ人で、イスラム原理主義者だった。先日、オランダの法廷で終身刑の判決を受けた。死刑がないかわり、オランダの終身刑は掛け値なしである。ただいま服役者十六人。釈放された者は六十年間にたった二人だそうである。 殺されたテオは、イスラム教の厳しい批判者だった。殺される二カ月前に彼の撮った「服従」という作品がオランダのテレビに出た。イスラム世界の女性虐待を告発する映画だったという。 私は偶然ブイエリの論告求刑と判決の記事を、向こうの新聞で見た。終身刑が求刑された日、ブイエリは傍聴席にテオの母アンネケ・バン・ゴッホがいるのを認め、話しかけたと書いてある。「私にはあんたの悲しみが判らない。気の毒だとも思わない。あんたは神を信じない人だろうから、私は全く感情を持てないのだ」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順