「陳平」「ボー・グエン・ザップ」の死――「民族解放の時代」の終焉

樋泉克夫

 この「東南アジアの部屋」を始めてから程なく、

「いずれにせよ近い将来に陳平に訪れるだろう“死”はマレーシアの反政府武装闘争史の最終章を意味するだけでなく、かつて北京が華々しく展開していた武装闘争中心の東南アジア政策への晩鐘となるだろう」

 と記し、かつて“革命の輸出”を掲げていた時代の中国共産党の圧倒的支持を背景に、総書記としてマラヤ共産党(馬共)を率い、マレーシアとタイの両国国境にまたがる森林地帯で反政府武装闘争を率いた陳平が危篤状態に陥ったことを報告したことがある。

 福建省福清市の出身の客家を祖先に持つ陳平の本名は、王文華(ONG Boon Hua) 。1924年に現在のマレーシアのベラ州で生まれている。父親は自転車の販売と修理を生業としていたという。幼少期は華僑学校と英文学校で学んだようだが、10代の半ばに読んだ毛沢東の『持久戦論』に惹かれて40年にマラヤ共産党に入党し、マラヤ人民抗日軍を組織し、47年には23歳の若さでマラヤ共産党総書記に就任。以来、一貫してマラヤ共産党を指揮してきた。

 その陳平が、今から1カ月ほど前の9月16日、バンコクのバムルンラード病院で死んだ。この病院は、筆者が8月末のバンコク滞在時に偶然見かけたアラブ系の人々の後をノコノコついて行き、バンコクにおける「医療ツーリズム」の一端に触れた病院である。ここ数年、陳平は“植物状態”にあったとも報じられていたが、あの時、バムルンラード病院の奥深くで、彼は静かに死を迎えようとしていたのだろう。ならば、あの時、敢えて病院の中を探し回ったら、あるいは陳平の病室を突き止めることができたかも知れない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順