「和食が無形文化遺産」にあえて苦言を呈する

国末憲人
執筆者:国末憲人 2013年11月3日
カテゴリ: 国際 文化・歴史 社会
エリア: ヨーロッパ 日本

 アゼルバイジャンのバクーで12月に開かれる無形文化遺産委員会で、日本が提案している「和食:日本人の伝統的な食文化」が、無形文化遺産の代表リストに登録される見通しとなった。候補を事前審査する補助機関が「登録」を勧告したからだ。日本人が生み出した素晴らしき生活の知恵を世界に認識してもらうきっかけになると期待できるだろう。

 と、基本的に喜ばしいことであるのを承知したうえで、食品関連の業界の一部が「和食材の消費拡大を」などとはしゃぐのを聞いていると、ちょっと待ってくれと言いたくなる。「無形文化遺産」は、世界各地のコミュニティーが育んできた無形の文化を守り伝えるためにつくられた制度である。その理念を、どこかではき違えていないだろうか。

 無形文化遺産の原則とこれまでの経緯を振り返ることで、和食の登録が意味することを考えてみたい。

 

文化行政の事なかれ主義

 無形文化遺産は、2006年に発効した無形文化遺産保護条約に基づき、各国から推薦のあった候補をリストに登録する制度で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が運営する。緊急に保護する必要がある遺産を登録する「緊急リスト」、各国の代表的な遺産を登録する「代表リスト」など計4つのリストがつくられている。芸能や伝統工芸技術、儀式や祭礼、知識や慣習、口承表現などが対象だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順