「初期原理主義のリーダー」メイチェンの遺産

会田弘継
執筆者:会田弘継 2005年10月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 北米

 十九世紀後半、ダーウィンの生物進化論に代表される「近代知」の発展とキリスト教信仰の間に齟齬が生じ出すと、近代に寄り添うように自由主義神学(リベラリズム)が生まれた。 聖書は科学ではない、イエスの復活の奇跡は喩えであるとして、近代におけるキリスト教の生き残りを図る。これに対し、聖書を字義通り信じることを信仰の核とする伝統主義神学の側から強い反発が起き、自由主義神学(モダニズムとも呼ばれた)への抵抗がじわじわと広がった。それ以前から大衆レベルで起きていた、終末論に彩られる新たな信仰復活運動も背景にあった。 やがて、攻撃的なまでに伝統的信仰を維持しようとする勢力はファンダメンタリスト(原理主義者)と呼ばれるようになる。 前号で紹介したノートルダム大のマースデン教授によれば英語の「ファンダメンタリスト」という言葉がつくられたのは一九二〇年だという(『原理主義とアメリカ文化』)。 そのキリスト教原理主義の勃興期から最初の衰退期まで思想的リーダーだったのが長老派教会の神学者J・グレシャム・メイチェン(一八八一―一九三七)だ。 メイチェンは一八八一年、ボルチモアの裕福な弁護士の家に生まれた。地元ジョンズ・ホプキンズ大を優等で卒業後、長老派のプリンストン神学校に進む。同時にプリンストン大で哲学も修めた。一九〇五年にはドイツに留学し、マルブルク、ゲッチンゲン両大学で神学を学び、当時ドイツで隆盛だった自由主義神学の息吹に触れている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順