食品偽装が「詐欺事件」になる台湾と、ならない日本

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2013年11月8日
カテゴリ: 社会
エリア: 中国・台湾

 日本ではホテル、百貨店などによる食品偽装が次々と明らかになっているなか、ほぼ同時進行で、台湾も同じ食品偽装で大騒ぎになっている。ただ、こちらは料理ではなく、スーパーなどで販売される食用油であり、製造元の「大統」の経営者らが詐欺罪などで次々と拘束、起訴されている。

 大統は台湾中部に本社を置く会社で、1970年代の創業だが、近年とみに低価格の食用油を大量に生産することで急成長していた。今年10月、衛生局の立入検査で明らかになった不正の内実は、人々を驚愕させるものだった。

 大統は「エクストラ・バージン・オリーブオイル」と称して、内容量の50%以上はオリーブオイルではなく、綿実油などの食用油が混入しており、オリーブオイルの色を出すために、人工着色料を加えていた。

 ほかにも、同社の食用油関係の製品にはことごとく表示とは異なる材料がコスト削減のために混入していることが判明し、大統は大きなシェアを持っていただけに社会はパニック状態となり、台湾では一斉に大統の商品がスーパーなどから撤去された。同社の経営者は食品衛生管理法違反だけではなく、詐欺罪でも起訴され、巨額の賠償を支払わなければならなくなった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順