行き先のない旅
行き先のない旅(29)

ドン・ジョバンニの不敵な旋律

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2005年10月号

 女性を次々と誘惑する、いわゆる女たらしが、その放蕩な人生のゆえに罰を受け、地獄に落とされたという話が、セビリアのある修道院で代々伝わっていた。神を畏れぬことへの劫罰の恐ろしさを説こうと、スペインの僧が反宗教改革の時代にこの伝説を劇にしたのが「ドン・ファン」劇の始まりである。 勧善懲悪のために誕生したはずだった「ドン・ファン」は、むしろその悪の部分ゆえに人を惹き付け、スペインの旅回りの一座によって、イタリア、フランスでも名声を高めることになった。ドン・ファンはフランスではモリエール劇の主人公となり、ドイツではゲーテの「ファウスト」に変装し、その後もE. T. A. ホフマン、プーシキン、トルストイらによって、何度地獄に落ちても不敵に蘇り、今日まで語り継がれている。 しかし、何といってもこの主人公を不朽の英雄にしたのは、ダ・ポンテが台本を手がけ、モーツァルトが作曲したオペラ「ドン・ジョバンニ」であろう。オペラはドン・ジョバンニが顔を隠し、友人の婚約者である美しいドンナ・アンナを誘惑しに寝室に忍び込んだところから始まる。助けを求める娘の声に気づき、父親は正体不明の侵入者に決闘を挑む。若いドン・ジョバンニに敵うはずもなく、父親は負けて殺されてしまう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順