国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(44)

「遠交近攻」の産物だったヤマト建国

関裕二
執筆者:関裕二 2013年11月13日
カテゴリ: 文化・歴史
エリア: 日本

 安倍政権の積極的な外交姿勢を、メディアは地球儀外交と呼ぶが、要は中国に対する牽制にほかなるまい。いわゆる遠交近攻策であり、理に適った方針と言えよう。

 歴史をふり返ると、「仲のよかった隣国」という例は、ほとんどない。逆に、隣国と仲が悪かったから、「隣の隣、敵の敵と手を結ぶ」ということが多かった。隣国を挟み撃ちにして、包囲する作戦である。

 

出雲とタニハ

『魏志』倭人伝の邪馬台国(2世紀後半から3世紀)も、魏の遠交近攻策と関係がある。『魏志』倭人伝の倭国にまつわる記事は例外的に長く詳しいのだが、それは魏にとって日本列島が地勢上大きな意味をもっていたからだ。

 中国は『三国志』の時代で、混乱し覇権を争っていた。魏は南部の呉から延びる海の道を警戒していたのだろう。南西諸島から九州島、壱岐、対馬を経由して朝鮮半島に続く「対魏包囲網」が構築されるのを、恐れていたと考えられる。

 魏の曹操の生まれ故郷(安徽省北西の亳県)から、曹操の祖父の時代(西暦170年前後)の磚(せん:レンガ)が見つかっていて、そこに奇妙なことが書かれていた。「倭人ははたして結盟するだろうか(有倭人以盟不)」というのだ。倭人がどちらの味方につくかは、当時から注目されていたらしい。混乱の中で分裂し覇を競っていた中国の諸地域は、隣国を圧倒するために、遠い国、隣の隣と手を結ぼうと考えていたのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順