北方領土を戻さないプーチンの来日

名越健郎
執筆者:名越健郎 2005年11月号
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: ロシア 日本

[モスクワ発]ロシアのプーチン大統領は九月二十七日、テレビ会見に出演し、六十以上の質問に三時間にわたって答えたが、最初に飛び出したのが北方領土問題だった。質問の大半は内政で、外交は日露関係とバルト三国在住ロシア人の人権問題だけ。十一月二十日からの訪日を控え、重要メッセージを先に発信する意図的演出だった。「北方四島はロシアの主権下にある。それは国際法によって確定され、第二次世界大戦の結果だ。これについて議論するつもりは一切ない。この立場から交渉を行なう。……領土問題は両国にとって繊細な問題だが、善意があれば、双方を満足させる選択肢を見出すことは可能だ。互いに歩み寄れば、解決策は発見できる」 四島の主権協議を拒否する強硬な前段は国内向け、双方の譲歩を求める後段は日本向けに使い分けたようだが、力点は前段にある。『独立新聞』は「北方領土問題とバルトのロシア人問題は国際政治に影響はないが、内政と密接に絡んでいる。(政権交代の)二〇〇八年問題を控え、大統領は民族愛国主義調で語った」と書いた。北方領土領有を「第二次世界大戦の結果だ」と戦勝者意識を前面に出したことは、夏以降ロシアで強まる反日キャンペーンに自ら加担した形だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順